輸入車中古車販売・買取・レンタカー・整備等、輸入車のことならO-RUSH

OBD点検が始まります

2021年10月1日から、自動車の定期点検(車検、法定12ヶ月点検)の点検項目に「車載式故障診断装置(OBD)の診断結果」が追加されます。

OBDとは

OBDとは、車両に搭載されているコンピューターで、システムの状態や、不具合などを自己診断して記録する装置です。
現代の車両にはほぼ標準で搭載されているABS(アンチロック・ブレーキ・システム)、ESC(横滑り防止装置)、衝突被害軽減ブレーキ、エアバッグなど、さらに自動運転技術に関連する電子制御など様々な装置が搭載されています。
各種センサーが正しい位置、角度に取り付けられていないなどの理由で、車両が誤作動を起こし、事故に繋がるようなことが起こっています。

OBD点検について

OBD点検では、スキャンツールを車両のOBDポートに接続して、OBDが記録している装置の故障の有無、作動の状況を読み取り、装置が正常に作動しているか点検します。
特に近年販売されている車両ではADAS(Advanced Driver-Assistance Systems。先進運転支援システム)が搭載されている車両が多く、センサーの不具合を原因とした事故も発生する可能性もあり、OBDを使用した点検の重要性がさらに高まっています。

当社では各店に最新のスキャンツールを導入し、万全の体制でOBD点検を実施しています。
輸入車の車検は是非O-RUSHにご依頼ください。