輸入車中古車販売・買取・レンタカー・整備等、輸入車のことならO-RUSH

エーミング(キャリブレーション)Headerイメージ

整備設備

エーミング(キャリブレーション)

現代において販売される自動車には、ASVと呼ばれる先進安全技術が搭載された車両が一般的になってきています。
ASVとは、衝突被害軽減ブレーキ、ふらつき注意喚起装置、車線逸脱警報装置、車線維持支援制御装置、車両横滑り時制動力・駆動力制御装置などの装置のことを言いますが、技術の発展に伴い、日々その性能は高まっています。
ASV対象車にはバンパーやフロントガラスにレーダー、カメラなどの装置が搭載されていますが、このような車両について、バンパーやフロントガラスを交換、またフレーム修正を伴う板金塗装を行った際にエーミングと呼ばれる調整作業が必要になります。
2024年に始まる車載式故障診断装置(OBD)車検で、先進安全技術のエーミング(機能調整)作業を省略した車両は車検に通らないことになり、各社では対応が求められており、当社ではいち早くエーミングの設備を導入いたしました。
先進安全自動車に対応する設備を擁し安心の整備を追求するO-RUSHに、お車の整備を是非おまかせください。

静的エーミングによる測定

ホイールアライメント測定風景

静的エーミング=自動車の前方にターゲットを設置し、車両を正確に正対させた状態でスキャンツールを操作し、ターゲットの認識状態を確認しながら調整を行う手法です。

当社のエーミング機器の特徴

O-RUSHではエーミングの測定にLAUNCH社のX-431を導入しています。
X-431ADAS PROは、最新のADAS搭載車較正装置です。
LAUNCHスキャンツールと連携して、カメラベースおよびレーダーベースのエーミング(キャリブレーション)を行います。

  • 特徴1- ADAS搭載車のエーミングをより効率的に

    X-431ADAS PROは、ADAS(Advanced Driver Assistance System)搭載車のエーミング(キャリブレーション)を行う前において重要な「車両とターゲットの正対」を効率的にセッティングできるのが特徴です。

    ADAS搭載車のキャリブレーション(エーミング)をより効率的に
  • 特徴2- 電動のターゲット昇降装置を内蔵

    車両の正面に配置した「キャリブレーションフレーム」と左右リヤホイールに取付けた「ホイールクランプ」それぞれを、視認性の高いレーザー光によって視覚的に位置関係を把握しながら正対させていきます。ターゲットの高さをミリ単位で調整することができます。

    電動のターゲット昇降装置を内蔵
  • 特徴3- フロントカメラ用ターゲットをラインナップ

    主要ブランドに対応するターゲット(メルセデス・ベンツ、VW、アウディ、アルファロメオ、レクサス、トヨタ)をラインナップしています。

    フロントカメラ用ターゲットをラインナップ

LAUNCH X-431 ADAS PROの各部紹介

  • 計測ユニット

    キャリブレーションフレーム

  • 計測ユニット(詳細)

    ホイールクランプ

  • 計測ユニット(モニタリング画面)

    キャリブレーションパネル

  • 4柱リフト

    レーダー反射板

 

他店にてご購入されたお車もお気軽にお持ち下さい

O-RUSHでは他店にてお買い上げされたお車も、お取り扱いさせていただきます。
一般的な輸入車ブランドはもちろん、普段からフェラーリやベントレーなどプレミアムブランドまで幅広く取り扱っておりますので、 ハイクオリティな技術と設備をもってお客様のお車をお取り扱いさせていただきます。
もちろん国産車もお取り扱いしておりますので、お車の調子が普段とは違う、オイル交換をしたい、車検の時期が近いなど、 O-RUSHの近隣にお住まいの方はお気軽にお問い合わせください。

エンジンオイルENERZAの缶